「タケマサ」の記事

転載記事

女性用風俗の実態を利用者が赤裸々に告白「パウダーをかけられて…」

おぎやはぎの小木博明と矢作兼がMCを務めるトークバラエティ『おぎやはぎの「ブス」テレビ』#63(毎週月曜よる9時~)が4月16日、AbemaTV(アベマTV)にて放送され、“ブス枠”出演者の芸人・関谷友美が女性用風俗の実態を語った。  男性のエッチな視線を感じたエピソードを“ブス枠”出演者が披露するコーナーの中で、「女性用風俗の萬天堂っていうところがあるんですけど」と切り出した関谷。女性用風俗を利用した話を芸人仲間の男性にした際、グイグイ食いついてくる人は「完全に私のことエッチな目で見ています」と断言した。ちなみに、同じ事務所の先輩にあたる有吉弘行も「めちゃめちゃ食いついていた」と言い、「有吉さんもエッチな目で見ています」と自信たっぷりにうなずいた。  女性用風俗の話に、おぎやはぎの2人も興味津々。決して「いやらしい気持ちではない」と前置きした上で、「どういうことなの?」と尋ねた。関谷が利用した女性用風俗店は「本番以外はOKの性感マッサージ」を行う店で価格は「90分1万3000円」とのこと。ホテルや駅で待ち合わせをする、デリバリータイプだという。マッサージを行う男性は出勤表から選ぶシステムで、顔は公表されておらず、年齢や体型、得意技などが書かれているそうだ。  小木が「いい男は現れるの?」と聞くと、「高橋由伸みたいな人とか、仲村トオルみたいな人とか。本当にかっこ良くて」と関谷。ルックスのレベルも高いようだ。関谷はさらに「そういう人が、乳首吸ってくれるんですよ」と大絶賛。「最初は普通のマッサージなんですけど、パウダーをかけられて、そのパウダーを吸っていくんですよ。飴を探すみたいな」と詳細を説明すると、おぎやはぎの2人は「おもしれー!」と声を上げ、爆笑した。  その後、“美人枠”ゲストとして出演したグラビアアイドルの岸明日香に、矢作が「岸さん、そういうの行ってみたい?」と質問すると、岸は「さすがに行けないですけど、そんなんあるんやと思ってびっくりしちゃいました」と恥ずかしそうに返答。  「行けない」と首を振る岸に、矢作が「パウダーでされて、ちゃんと乳首を当ててくれる」と魅力を訴えると、岸は「探されても困る」と困ったように笑い、タジタジの様子だった。 『おぎやはぎの「ブス」テレビ』#63は Abemaビデオで無料配信中だ。 (c)AbemaTV

転載記事

14歳女子中生に売春させる デリヘル店経営者らを逮捕

14歳女子中生に売春させる デリヘル店経営者らを逮捕  茨城県警生活環境課などは4日、女子中学生(14)に売春をさせていたとして、売春防止法違反(周旋)の容疑で、無店舗型風俗店「レジェンド」経営、阿部健太郎容疑者(25)=茨城県土浦市虫掛=と同店従業員の斎藤大樹容疑者(21)=同=を逮捕し、6日に水戸地検土浦支部に送検した。 逮捕容疑は、昨年12月5日、県南地域に住む公立中3年の女子生徒(14)に、出会い系サイトで募集した男性会社員(37)に対して売春をさせたとしている。 生活環境課によると、この店では1月ごろ、別の公立中3年の女子生徒(15)も売春させられていたとみられるが、阿部容疑者は「逃げられた」と話しているといい、行方が分かっていない。女子生徒2人はいずれも家族から、県内の警察署に捜索願が出されていた。 生活環境課によると、女子生徒は昨年10月下旬から、県警に保護される今月3日までの間に、500回以上売春行為をさせられており、店は月に180万円程度の売り上げがあったとみられるという。 斎藤容疑者らは、出会い系サイトで19歳女性として「ホ別(ホテル代別)2万5000円で大丈夫な人連絡下さい」などと客を募集し、客から1万~4万円を集金、女子生徒には2000~3000円程度を渡していたという。 女子生徒は阿部容疑者らと風俗店の事務所に同居しており、調べに対し「やめたかったけど、ほかに行くあてもなかった」などと話しているという。

転載記事

【下妻】デリヘルで女子高生に売春強要 容疑で「茨城人権擁護支援会」理事長を逮捕

茨城県警生活環境課などは26日、売春防止法違反(契約、周旋)の容疑で、NPO法人「茨城人権擁護支援会」理事長で、風俗店経営の鈴木雅也容疑者(61)=茨城県下妻市下木戸=と同法違反(周旋)の容疑で従業員の初沢宗一郎容疑者(22)=同市下妻乙=逮捕し、27日に水戸地検下妻支部に送検した。 逮捕容疑は昨年12月、茨城県下妻市下木戸の無店舗型風俗店「セレブな愛人アマン」の事務所で、県立高3年の女子生徒(18)と売春契約を結び、今年2月5日、同市内のホテルで男性客(25)に売春行為をさせたとしている。 生活環境課によると、鈴木容疑者は昨年12月、風俗店と知らずにアルバイトの面接にきた女子生徒の免許証などをコピーして「家に行くぞ」などと脅し、売春を強要していたとみられる。女子生徒は昨年12月から、県警に保護される今年2月までの3カ月間に、男性客約60人を相手に売春をさせられていたとみられるという。 生活環境課によると、風俗店の事務所として使用しているアパートの部屋は、NPO法人の事務所として下妻市に登録されており、電話番号も同一だった。風俗店の送迎用の乗用車には「茨城人権擁護支援会」と書かれたステッカーが搭載されていたという。 デリヘルで女子高生に売春強要 容疑で「茨城人権擁護支援会」理事長を逮捕  下妻市のホームページなどによると、茨城人権擁護支援会の活動内容は「子どもの健全育成を図る活動」や「人権の擁護と平和の推進を図る活動」などとしているが、活動実態はないとみられており、鈴木容疑者は県警の調べに対し「NPOはイメージが良いから登録した」などと話しているという。 生活環境課によると、同店の料金は60分1万7千円で、昨年12月の契約時点では、店側7千円、女子生徒1万円が取り分とされていたが、店側から女子生徒には未払いの賃金もあったという。

転載記事

【水戸】従業員の交際めぐり監禁、暴行容疑の元風俗店経営者ら逮捕

男性店員と風俗嬢の交際絶対NGもなくならないワケ  茨城県警水戸署は23日までに、傷害と監禁容疑で元風俗店店長の滝本貴之容疑者(36=福島県南相馬市)と元同店経営の石川努容疑者(44=水戸市天王町)を逮捕した。 逮捕容疑は、昨年4月4日午後10時半~同50分ごろ、水戸市上水戸のアパート内で、元同店従業員の男性(33)を棒で複数回殴り、頭部陥没骨折・脳挫傷など全治2か月の重傷を負わせた疑い。さらに、アパート駐車場に止めていた乗用車のトランクに男性を閉じ込め約1時間、同市内を疾走させて監禁した疑い。 捜査関係者によると、両容疑者は男性が同店勤務の女性と交際したことに腹を立てていたという。 風俗業界では、男性スタッフが店の女の子に手を出すことを「風紀」と呼び、罰金を科して絶対NGにしている。 「恋仲になった女の子へのえこひいきが目立ち、他の子への悪影響は大きい。男女とも店を“飛ぶ”ことも多い。噂が回るのも早い。とにかく店の雰囲気が悪くなる」(業界関係者) それでも、店内でのスタッフと風俗嬢の男女関係がなくなることはない。 「女の子をマナーの悪い客から守ってくれるのもスタッフ。優先的に客をつけてくれるのもスタッフのさじ加減。スタッフの信頼を獲得したほうが働きやすいとなれば、女の子がスタッフと親密になろうとする行動は自然です」(同) そんな男女関係のみならず、男性従業員に対してその上司が暴力を振るうケースも。遅刻や無断欠勤など問題行動が原因であることが多い。 「今年6月、都内繁華街のヘルス店で、男性店長が元従業員の男から刺された。動機は怨恨とみられる。男がビルから転落死して事件は終わったように思われたが、店長の刺し傷が2か所だったのに、男の遺体には十数か所の刺し傷があったという。検察が注目している」(事件関係者) サービス同様、店内環境も良好な店で遊びたいものだが…。