女性用風俗の実態を利用者が赤裸々に告白「パウダーをかけられて…」

おぎやはぎの小木博明と矢作兼がMCを務めるトークバラエティ『おぎやはぎの「ブス」テレビ』#63(毎週月曜よる9時~)が4月16日、AbemaTV(アベマTV)にて放送され、“ブス枠”出演者の芸人・関谷友美が女性用風俗の実態を語った。

 男性のエッチな視線を感じたエピソードを“ブス枠”出演者が披露するコーナーの中で、「女性用風俗の萬天堂っていうところがあるんですけど」と切り出した関谷。女性用風俗を利用した話を芸人仲間の男性にした際、グイグイ食いついてくる人は「完全に私のことエッチな目で見ています」と断言した。ちなみに、同じ事務所の先輩にあたる有吉弘行も「めちゃめちゃ食いついていた」と言い、「有吉さんもエッチな目で見ています」と自信たっぷりにうなずいた。

 女性用風俗の話に、おぎやはぎの2人も興味津々。決して「いやらしい気持ちではない」と前置きした上で、「どういうことなの?」と尋ねた。関谷が利用した女性用風俗店は「本番以外はOKの性感マッサージ」を行う店で価格は「90分1万3000円」とのこと。ホテルや駅で待ち合わせをする、デリバリータイプだという。マッサージを行う男性は出勤表から選ぶシステムで、顔は公表されておらず、年齢や体型、得意技などが書かれているそうだ。

 小木が「いい男は現れるの?」と聞くと、「高橋由伸みたいな人とか、仲村トオルみたいな人とか。本当にかっこ良くて」と関谷。ルックスのレベルも高いようだ。関谷はさらに「そういう人が、乳首吸ってくれるんですよ」と大絶賛。「最初は普通のマッサージなんですけど、パウダーをかけられて、そのパウダーを吸っていくんですよ。飴を探すみたいな」と詳細を説明すると、おぎやはぎの2人は「おもしれー!」と声を上げ、爆笑した。

 その後、“美人枠”ゲストとして出演したグラビアアイドルの岸明日香に、矢作が「岸さん、そういうの行ってみたい?」と質問すると、岸は「さすがに行けないですけど、そんなんあるんやと思ってびっくりしちゃいました」と恥ずかしそうに返答。

 「行けない」と首を振る岸に、矢作が「パウダーでされて、ちゃんと乳首を当ててくれる」と魅力を訴えると、岸は「探されても困る」と困ったように笑い、タジタジの様子だった。

『おぎやはぎの「ブス」テレビ』#63は Abemaビデオで無料配信中だ。

(c)AbemaTV

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは!茨城高収入女性求人【時給10000円Get】社長の武井正之(タケマサ)です。 僕は女の子に主に風俗のお仕事を紹介しています。茨城県と沖縄県のお店をご紹介しています。 『少しでもいい条件で女の子を必要としている優良店に女の子を紹介する』がモットーです。 風俗に興味があるけれど一歩踏み出せない。過去、スカウトマンを利用して嫌な思いをされた方や、お店選びがわからないという方は気軽に連絡ください。 僕や女性スタッフが直接貴女にお会いして、貴女にぴったりのお店をご提案します。