【下妻】デリヘルで女子高生に売春強要 容疑で「茨城人権擁護支援会」理事長を逮捕

茨城県警生活環境課などは26日、売春防止法違反(契約、周旋)の容疑で、NPO法人「茨城人権擁護支援会」理事長で、風俗店経営の鈴木雅也容疑者(61)=茨城県下妻市下木戸=と同法違反(周旋)の容疑で従業員の初沢宗一郎容疑者(22)=同市下妻乙=逮捕し、27日に水戸地検下妻支部に送検した。

逮捕容疑は昨年12月、茨城県下妻市下木戸の無店舗型風俗店「セレブな愛人アマン」の事務所で、県立高3年の女子生徒(18)と売春契約を結び、今年2月5日、同市内のホテルで男性客(25)に売春行為をさせたとしている。

生活環境課によると、鈴木容疑者は昨年12月、風俗店と知らずにアルバイトの面接にきた女子生徒の免許証などをコピーして「家に行くぞ」などと脅し、売春を強要していたとみられる。女子生徒は昨年12月から、県警に保護される今年2月までの3カ月間に、男性客約60人を相手に売春をさせられていたとみられるという。

生活環境課によると、風俗店の事務所として使用しているアパートの部屋は、NPO法人の事務所として下妻市に登録されており、電話番号も同一だった。風俗店の送迎用の乗用車には「茨城人権擁護支援会」と書かれたステッカーが搭載されていたという。

デリヘルで女子高生に売春強要 容疑で「茨城人権擁護支援会」理事長を逮捕

 下妻市のホームページなどによると、茨城人権擁護支援会の活動内容は「子どもの健全育成を図る活動」や「人権の擁護と平和の推進を図る活動」などとしているが、活動実態はないとみられており、鈴木容疑者は県警の調べに対し「NPOはイメージが良いから登録した」などと話しているという。

生活環境課によると、同店の料金は60分1万7千円で、昨年12月の契約時点では、店側7千円、女子生徒1万円が取り分とされていたが、店側から女子生徒には未払いの賃金もあったという。

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは!茨城高収入女性求人【時給10000円Get】社長の武井正之(タケマサ)です。 僕は女の子に主に風俗のお仕事を紹介しています。茨城県と沖縄県のお店をご紹介しています。 『少しでもいい条件で女の子を必要としている優良店に女の子を紹介する』がモットーです。 風俗に興味があるけれど一歩踏み出せない。過去、スカウトマンを利用して嫌な思いをされた方や、お店選びがわからないという方は気軽に連絡ください。 僕や女性スタッフが直接貴女にお会いして、貴女にぴったりのお店をご提案します。